カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ワーク・ライフ・インテグレーション

ワーク・ライフ・インテグレーション

ワーク・ライフ・インテグレーションとは自らの人生観を軸として、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟かつ高い次元で統合し、その両方の充実を求める生き方を意味します。 依然から言われていたワーク・ライフ・バランスを一歩進めた考え方で、現代の働く女性にとって大切な考え方になりつつあります。 働く女性にとって仕事を優先するか家庭を優先にするかの意思決定を迫られる場面がよくありますが、その決定根拠となる考え方が定まらずに悩む女性が多くいます。 例えば、小さい幼児を子育て中の女性が職場での責任の重い管理職への就任を打診された時や老親を介護中の女性が転勤を打診された時の対応などがそれに当たります。 この問題に対する考え方としてアメリカで提唱されている考え方にカレイドスコープ(万華鏡)型キャリアモデルがあります。 女性は男性に比べて人生の中で大きな転機が幾度とあります。 教育を終えて就職する時、結婚して新しい家庭を気づく時、そして出産して母親になる時などです。 これらの転機に遭遇する時に人生における目標とすることの優先順位を変えていくことが必要です。 それぞれの時期において目の当たりにする人生の見え方が万華鏡のようにそれぞれ違ったものになってきます。 女性のキャリア全期間を通じて「自分らしさ」「バランス」「遣り甲斐」の観点からその目標とすることの優先順位を決めることになります。 ワーク・ライフ・インテグレーションを考える時に重要になるのはできるだけ早い時期からキャリアライフプランを作成することです。 そこで、女子大生にとってのキャリアカウンセリングは重要な意味を持ちます。 人生における女性としての職業に対する考え方を明確に持つことの手助けをすることができます。 そして、ワーク・ライフ・インテグレーションを図る上でのキャリアプランの作成を手助けできるのです。

ぜひ、キャリアセンターにお越しく下さい。

ワークライフインテグレーション

ワーク・ライフ・インテグレーションとは自らの人生観を軸として、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟かつ高い次元で統合し、その両方の充実を求める生き方を意味します。

依然から言われていたワーク・ライフ・バランスを一歩進めた考え方で、現代の働く女性にとって大切な考え方になりつつあります。

働く女性にとって仕事を優先するか家庭を優先にするかの意思決定を迫られる場面がよくありますが、その決定根拠となる考え方が定まらずに悩む女性が多くいます。

例えば、小さい幼児を子育て中の女性が職場での責任の重い管理職への就任を打診された時や老親を介護中の女性が転勤を打診された時の対応などがそれに当たります。

この問題に対する考え方としてアメリカで提唱されている考え方にカレイドスコープ(万華鏡)型キャリアモデルがあります。

女性は男性に比べて人生の中で大きな転機が幾度とあります。

教育を終えて就職する時、結婚して新しい家庭を気づく時、そして出産して母親になる時などです。

これらの転機に遭遇する時に人生における目標とすることの優先順位を変えていくことが必要です。

それぞれの時期において目の当たりにする人生の見え方が万華鏡のようにそれぞれ違ったものになってきます。

女性のキャリア全期間を通じて「自分らしさ」「バランス」「遣り甲斐」の観点からその目標とすることの優先順位を決めることになります。

ワーク・ライフ・インテグレーションを考える時に重要になるのはできるだけ早い時期からキャリアライフプランを作成することです。

そこで、女子大生にとってのキャリアカウンセリングは重要な意味を持ちます。

人生における女性としての職業に対する考え方を明確に持つことの手助けをすることができます。

そして、ワーク・ライフ・インテグレーションを図る上でのキャリアプランの作成を手助けできるのです。

大学におけるキャリアカウンセラーの職にあるものとしてこの役目を果たすことができれば幸いと思います。

女子学生の皆様ぜひキャリアセンターにいらしてください。

パラレルキャリア

ピータードラッカーの言葉にパラレルキャリアという言葉があります。

ドラッカーは経営学者として色々な言葉を残しておりますが、最近の著書でパラレルキャリアを
持つことを勧めております。

パラレルキャリアとは、 平日の仕事以外に2つ目のキャリアつまり別の仕事やボランティアなどの社会活動を両立 する働き方のことです。

二つの仕事を掛け持ちすることは時間的な制約があって難しいように思えますが、上手くこなせば返って効率的なことがあります。

二つの仕事を持つことで広い視野を持つことができるようになりますし、時間の使い方も上手になります。

また、一つの仕事に行き詰まっている時もう一つのことがストレスの解消に役立ちます。

仕事上の悩みで苦しむ職業人が多い現在のような時代背景のなかではストレスの解消策をもつことが大切です。

また、現在のように経済環境の変化が激しい時代には一つの仕事では将来にわたって安定したビジネスができる保証がありません。

将来に対するリスクヘッジのためにもパラレルキャリアは意義があります。

普段からパラレルキャリアを持てるように備えましょう。

小春日に番う2匹の鴨ひかる

キャリアアンカー

アメリカの組織心理学者であるエドガー・シャインが提唱した概念に「キャリアアンカー」があります。

シャインは人が自らのキャリアを選択するときに最も大切にする価値観や欲求のことを「キャリアアンカー」と定義して次の8つに分類することを提唱しました。

1.管理能力タイプ:組織の中で責任ある役割を担うことを望むタイプ

2.技術的・機能的能力タイプ:自分の専門性や技術が高まることを望むタイプ

3.安全性タイプ:安定的に一つの組織に属することを望むタイプ

4.創造性タイプ:クリエイティブに新しいことを生み出すことを望むタイプ

5.自立・独立タイプ:自分で独立することを望むタイプ

6.社会貢献・奉仕タイプ:社会をよくしたり他人に奉仕したりすることを望むタイプ

7.挑戦家タイプ:解決困難な問題に挑戦することを望むタイプ

8.ワークライフバランスタイプ:個人的な欲求と家族と仕事とのバランス調整をすることを望むタイプ

就職活動に当たって自分の進むべき将来を考える時に自分の「キャリアアンカー」がどのタイプであるかを考えてみることが必要です。

自分の「キャリアアンカー」に合った職業選択をすることが職業のミスマッチを防ぐことになります。

皆様のキャリアアンカーはどのタイプでしょうか。

すぐ傍に来ている春や鳥の声

堅忍不抜

大学へ採用活動に来られる企業の方から最近の若者には忍耐力がない人が多いとよく言われます。

子供の時から恵まれた環境に育ち、苦労を知らない若者にとっては忍耐力を養う機会がなかったからでしょう。

しかし、大学を卒業して企業に入り社会人になれば厳しい環境が待っております。

そんな時に厳しい環境に立ち向かって困難を打開していくためには「堅忍不抜」の強い忍耐力が必要になってきます。

就職活動におけるエントリーシートや面接試験での質問に学生時代にどのような困難なことに当たったかを聞く質問がよくあります。

そんな時に勉強や研究やクラブ活動やアルバイトの経験で苦労したことを挙げることになります。

どれだけの困難な状況を経験してきたかがその人の「堅忍不抜」の精神力の強さを養ったかを示すことになります。

就職活動もそのような経験の一つとなります。

苦労して就職戦線を戦い抜いて就職した時にはそれなりの強い精神力が備わっております。

就職活動中の皆様は真剣に就職活動に当たってください。

大事をなした人には人並み外れた才能以外に必ずこの「堅忍不抜」の精神があるとこの言葉の所以となった中国の詩人蘇軾も言っております。

人生は順風満帆な時だけではありません。

困難なことに当たった時には「堅忍不抜」の精神を養う機会だと考えてことに当たりましょう。

自立型人材の育成

最近大学を訪問される企業の採用担当者からよく聞く声に自立して仕事ができる人材の必要性があります。

文科省事業として行った「産業界のニーズに対応した人材教育改善事業」の必要人材の調査でも自立性・自主性のある人材の必要性が叫ばれております。

それだけ現在の若者の自主性に問題があるのでしょうか。

今大学を卒業して社会人になろうとしている学生は小学校時代からの「ゆとり教育」を受けて育った世代であることがその原因かもしれません。

また、豊かな飽食時代に育った世代で家庭教育でも厳しく躾けられずに自立する機会が少なかったかもしれません。

以前の「食うに困る時代」に育った団塊の世代とは違った環境が原因していると思います。

では、このような自立型の人材を育成するためにはどのような教育をすればよいのでしょうか。

現在の多くの学校教育がそうであるようなマスプロ方の教育では自立性を高めるための教育は難しいでしょう。

しかし、現在も自主性を高める教育をするための私塾が多くありますが、それらでは自らが考えて行動する機会を増やす教育をしております。

これからの教育の在り方を考える時に、人材の自立性を高める必要性から個人の個性を考えた個別教育の必要性を改めて考えさせられます。

今後、グローバル化した企業環境の中で企業と個人が生き抜いていく上で、個人の自立性はますます必要欠くべからずのものになって来るでしょう。

家庭養育でも小学校からの学校教育でも、また教育の最終段階の大学や、さらには企業内教育においても、自立性を養うための人材育成の考え方が必要になると考えます。